楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 栃木県の観光スポット > 日光・鬼怒川の観光スポット > 日光・鬼怒川の「歴史」観光スポット

日光・鬼怒川の「歴史」観光スポット

エリア
栃木県 日光・鬼怒川
ジャンル
歴史

日光・鬼怒川の「歴史」観光スポット(全52件)

  • いろは坂いろは坂

    48ヵ所のカーブがあり「いろはにほへと」の48文字と一致することからこの名が付いた。湖、滝、紅葉が一体となった眺めがすばらしい。

  • 日光東照宮日光東照宮

    徳川家康を祀り、元和3(1617)年に2代将軍秀忠によって創建、3代将軍家光によって大造替。世界文化遺産にも登録された江戸時代初期の華麗な建築美が見られる。

  • 二荒山神社二荒山神社

    1200年以上前に勝道上人が創建、現在の本社社殿は東照宮創建と前後し徳川2代将軍秀忠が造営。日光最古の建物であり、福神・縁結びの神社として知られる。

  • 温泉寺温泉寺

    正式には日光山輪王寺別院温泉寺という名の勝道上人ゆかりの寺。古くから輪王寺を訪れる修行僧の温泉場とされていた。現在の温泉寺は、昭和48(1973)年に再建されたもの。

  • 平家の里平家の里

    湯西川に残る平家落人伝説を基に、茅葺き屋根の建物を配し、落人たちの山村生活を再現。手作りの木杓子・木鉢の販売所があり、落人が食べた栃もちやキビもちを賞味できる場もある。

  • 栗山東照宮栗山東照宮

    野門東照宮とも呼ばれる神社。色彩鮮やかな51cmほどの徳川家康の座像が今日まで大切に保管されている。事前に予約をすれば拝観が可能だ。

  • 日光山輪王寺大猷院夜叉門日光山輪王寺大猷院夜叉門

    切妻造りの落ちついた感じの門。正面に阿跋摩羅、毘陀羅、背面に烏摩勒伽、健陀羅の4体が安置されている。世界遺産・重要文化財。

  • 日光東照宮神厩舎日光東照宮神厩舎

    神に仕える馬をつないでおく馬屋。境内で唯一の素木造りで欄間には馬を災難から守ると伝わる猿の彫刻がいくつもあり、中でも“見ざる、言わざる、聞かざる”の三猿は有名だ。

  • 滝尾神社滝尾神社

    二荒山神社の別宮で、二社一寺の裏側にある石畳の参道を約2kmほど歩いた場所にひっそりと立つ。楼門前には、小石が穴を通れば願いがかなうという「運試しの鳥居」がある。

  • 日光山輪王寺 黒門日光山輪王寺 黒門

    表参道に面する黒塗りの門。江戸時代は輪王寺本坊への門だった。世界遺産・重要文化財に指定。その側には「日光山輪王寺」の御影石の大石標が立ち、日光山への入り口を示している。

  • 慈光寺慈光寺

    江戸初期に建てられた京都知恩院の末寺。平家落人の菩提寺。集落を見下ろす高台に位置しており、門前にある夫婦石には、子孫繁栄を願い落人たちが参拝したという言い伝えが残る。

  • 日光東照宮坂下門日光東照宮坂下門

    奥社につながる参道の入口にある門。全体に胡粉が塗られ、金具などには豪華な装飾が施されている。坂下門の手前、東回廊潜門の長押上には有名な「眠猫」の彫刻があることで有名。

  • 日光開山勝道上人像日光開山勝道上人像

    輪王寺入口に勝道上人の像が立つ。今から1200年以上前、日光に四本竜寺を創建した上人は10数年の苦行の末、男体山の頂上に達して、日光(二荒)権現を助成した。

  • 日光山輪王寺大猷院仁王門日光山輪王寺大猷院仁王門

    大きさといい、八脚門の造りといい、構造は東照宮の表門と似ているが、こちらはシンプルで装飾彫刻もあまり見られない。正面左右には東照宮と同様に金剛力士像を安置する。

  • 並地蔵並地蔵

    日光山を再興した僧侶、天海の弟子たちが歴代僧侶の菩提のために刻んだという石仏群。現在残っているのは70体ほど。別名化地蔵と言い、数えるたびに数が違うといわれ、その名がついた。

  • 日光東照宮魔除けの逆柱(陽明門)日光東照宮魔除けの逆柱(陽明門)

    12本の柱のうち1本だけはグリという渦巻き文様が逆になっている。完璧な陽明門に魔がささないようにと故意に未完成にした、という説がある。

  • 二荒山神社化燈籠二荒山神社化燈籠

    神苑境内、神興舎の前に立つ、唐銅製の大きな燈籠。高さは2.3mある。その昔二荒山神社の境内で警備にあたっていた武士たちが、化け物と間違えて斬りつけたことから「化燈籠」と呼ばれる。

  • 日光東照宮一ノ鳥居日光東照宮一ノ鳥居

    日光東照宮が造られた翌年の1618年に筑前国大名の黒田長政が奉納した御影石の鳥居。九州から江戸まで海路、それから江戸川を逆上って運ばれたという。額は後水尾天皇の書。

  • 薬師堂薬師堂

    杉木立の中にひっそりと立つ、簡素で古色蒼然とした堂。目に傷を負った平家の武者がお参りしたところ、たちまちよくなったという伝説が残っている。

  • 中禅寺(立木観音)中禅寺(立木観音)

    勝道上人によって建立された天台宗の名刹。かつて中宮にあった千手観音像(国重要文化財、高さ6m)が、明治35(1902)年の台風による山崩れで中禅寺湖に落ち、ここに流れついたと言われる。

  • 日光東照宮神輿舎日光東照宮神輿舎

    陽明門を入った左側にある神輿を収納する建物。天井には楽器を奏しながら天を舞う美しい3人の天女が大きく描かれ、狩野弥右衛門の作で「日本一美人の天女」と言われる。

  • 二荒山神社大国殿二荒山神社大国殿

    男体山の神、大己貴命(おおなむちのみこと)を祀る神殿。簡素なこけら葺きの建物だが、幸福をもたらす神様として信仰されている。縁日には「だいこくまつり」が開かれ多くの人々で賑わう。

  • 日光東照宮陽明門日光東照宮陽明門

    2階造り高さ11mの楼門。白や金色の唐獅子、龍や牡丹、菊など500以上の動植物の彫刻、地紋と呼ばれる文様彫刻など極彩色の装飾で建物が覆われている。

  • 湯殿山神社湯殿山神社

    湯西川温泉街の入口の杉木立にたたずむ湯殿山神社は、出羽三山のひとつ湯殿山の土を移して神霊とし、総鎮守として建立。毎年8月には獅子舞を奉納する「湯殿山例大祭」を行う。

  • 日光東照宮御本社日光東照宮御本社

    建物の正面には徳川家康の干支、虎の彫刻がある。拝殿は99畳もの広さを持ち、天井には狩野探幽らにより100頭の龍が、間仕切りには麒麟や白沢が描かれている。

  • 日光山輪王寺 大護摩堂日光山輪王寺 大護摩堂

    願いごとや祈りを神仏に届ける護摩祈願所。平安時代の不動明王はじめ七福神や十二天などがまつられ、1日3回(7:30、11:00、14:00)、護摩祈祷が行われる。

  • 古峯神社古峯神社

    大芦川の源流に近い静かな山間に建つ「天狗の宿」として知られる神社。日本武尊を祀り、日光山開山の祖・勝道上人がここで修行を積んだと伝えられている。

  • 日光東照宮飛越えの獅子日光東照宮飛越えの獅子

    陽明門へ向う石段の途中にある唐獅子の石彫り。石柵を飛び越えたような姿が名前の由来。唐獅子と石柵は一つの石を彫り抜いて造られ、単なる装飾ではなく控柱の役目を兼ねている。

  • 巫女石巫女石

    二荒山神社中宮祠大鳥居脇にある石碑。周辺が霊場として女人牛馬禁制だったころに、1人の巫女が中禅寺湖へ登ってしまい、石に変化してしまった、という言い伝えが残っている。

  • 日光山輪王寺大猷院二天門日光山輪王寺大猷院二天門

    八脚楼門入母屋造りの色彩豊かな門。左右に持国天と広目天の二天を安置していることから二天門と呼ばれる。獅子や足をもつ龍の彫刻もある。世界遺産・重要文化財(現在、修理中)。

  • 高房神社高房神社

    湯西川の上流と下流に同名の神社があり、共に高房大神・諏訪大神をまつる、湯西川平家一門の守護神。特に上流の神社に施された彫刻は見事で一見の価値がある。

  • 追分地蔵尊追分地蔵尊

    杉並木の日光街道と例幣使街道の分岐点にある石の地蔵。その昔、大谷川が氾濫の後、この地蔵は村人たちを悩ます出来事を夜な夜な起こしていたという民話が残る。

  • 日本聖公会 日光真光教会日本聖公会 日光真光教会

    建築設計家、教育者、宣教師として明治、大正期のわが国に足跡を残した米国人ガーディナーが設計。石積スレート葺きのゴシック式建築で、重厚な雰囲気が漂う。

  • 平家塚平家塚

    この地に逃れてきた平家の落人たちが、自分の身分を隠すために、身の回りの鎧や兜などの武具や、宝物などを埋めた場所と伝えられる。湯西川や川俣に3カ所点在。

  • 日光東照宮鐘楼日光東照宮鐘楼

    陽明門の前に左右対称に置かれた鐘楼と鼓楼。右の鐘楼と左の鼓楼では細部の飾り付けが異なり、鼓楼の38体に対し、鐘楼は78体の彫刻が認められる。高さ12メートル強の豪壮な佇まいだ。

  • 日光山輪王寺大猷院皇嘉門日光山輪王寺大猷院皇嘉門

    徳川家光公の墓所の入口に当たる門。その形から龍宮門とも呼ばれる。これより先は非公開。世界遺産・重要文化財に指定されている。

  • 本地堂(薬師堂)本地堂(薬師堂)

    陽明門の手前左に鼓楼が建ち、その奥の本地堂は東照宮境内で最も大きな建物。家康公の守本尊、薬師如来をまつる。天井に描かれた長さ15.1m、幅5.3mの鳴龍は有名。

  • 二荒山神社本殿・拝殿二荒山神社本殿・拝殿

    歴史の長さを感じさせる老杉に囲まれた境内。手前に拝殿、その背後に銅板葺きの大屋根をのせた朱塗りの本殿が立つ。1619年に徳川二代将軍秀忠によって建てられた。

  • 日光東照宮表門日光東照宮表門

    一の鳥居をくぐった正面に位置する三間一戸の八脚門。左右の両脇には「阿」「吽」の形相をした仁王像が2体安置されており、仁王門とも呼ばれている。

  • 日光山輪王寺宝物殿日光山輪王寺宝物殿

    昭和58(1983)年に完成。奈良時代から現在にいたる1200年もの間、輪王寺に伝えられてきた仏像や書画などを約3万点収蔵している。宝物殿の南には池泉回遊式の庭園・逍遥園がある。

  • 日光東照宮奥社日光東照宮奥社

    石段を登り切ると奥社拝殿。その後に徳川家康の墓所である銅製の宝塔が鎮座する。宝塔の前の上段から聖域をまもる霊獣の狛犬が鋭い眼光で睨みを効かせている。

  • 日光東照宮経蔵日光東照宮経蔵

    教典を収納する経蔵。中に八角形の回転式書架があり輪蔵とも呼ばれるが、内部は未公開。外側には「瓜田にクツを入れず」の故事をテーマにした、瓜と赤い靴の彫刻も見られる。

  • 日光東照宮唐門日光東照宮唐門

    唐破風屋根が特徴の唐門で本社の正門。中祭や大祭のとき、国賓級の人の参拝のとき以外は閉ざされている。屋根の上では、鋭い眼差しの4頭の霊獣が本社を守っている。

  • 日光山輪王寺日光山輪王寺

    鮮やかな朱塗りの本堂(三仏堂)がひときわ目をひく天台宗の門跡寺院。比叡山延暦寺、東叡山寛永寺とともに天台宗三山に数えられる。約40棟もの堂塔がある。

  • 相輪塔相輪塔

    1643年、徳川家光の発願で天海大僧正が建てた青銅の供養塔。世界遺産・重要文化財。高さ約15mの塔の上部に24個の金の鈴や葵の御紋が見られ、塔下には1000部の経典が納められている。

  • 日光山輪王寺大猷院日光山輪王寺大猷院

    徳川3代将軍家光公の廟所。祖父家康公の廟所東照宮に勝らぬようにとの遺言により、控えめに作られているが洗練された装飾が施されている。

  • 日光東照宮五重塔日光東照宮五重塔

    若狭国小浜城主の酒井忠勝が慶安元(1648)年に奉納。文化12(1815)年に焼失し3年後に再建。一層から四層までが和様で五層が唐様。五層目屋根下の垂木だけが扇形になっている。

  • 日光東照宮三神庫日光東照宮三神庫

    表門をくぐり、右から正面に建つ、校倉造りの建物。右から下神庫、中神庫、上神庫と並んでおり、中には例祭や千人行列の用具などが納められている。

  • 日光東照宮眠り猫日光東照宮眠り猫

    坂下門手前のくぐり門上部にあり江戸前期の名工・左甚五郎の作と伝わる彫刻。うたた寝する猫の裏側には楽しそうに遊ぶ雀の彫刻があり、この2つで「平和」を表しているという。

  • 二荒山神社中宮祠二荒山神社中宮祠

    1200年以上前、勝道上人が男体山頂を極め、二荒山大神を祀ったのが始まりといわれる。重要文化財に指定された朱塗りの社殿。宝物館には日本一の大太刀「祢々切丸」がある。

  • 医王寺医王寺

    勝道上人により開基されたと言われる。唐門、金堂、大師堂、木像薬師如来座像など多くの重要文化財をもつ由緒ある寺は広大で美しいたたずまいだ。

  • 温泉神社温泉神社

    明治時代の神仏分離以来、湯元温泉の鎮守、大己貴命(おおなむちのみこと)を祀っている神社。境内に位置する堂祠(どうほこら)は、国の重要文化財に指定されている。

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C) 2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

サイト基本情報

Copyright © 2002 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.