楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 栃木県の観光スポット > 日光・鬼怒川の観光スポット

日光・鬼怒川の観光スポット

エリア
栃木県 日光・鬼怒川

地図から観光スポットを探す

日光・鬼怒川の「遊ぶ」観光スポット(全64件)

  • 湯滝湯滝

    湯ノ湖の南側にある滝で、高さ70m、幅は最大で25mのスケールを誇る。岩壁を末広がりに一気に流れ落ちる姿は迫力だ。階段上の遊歩道からは滝を間近に望める絶好のビューポイント。

  • 大笹牧場大笹牧場

    霧降高原道路沿いにある広大な観光牧場で、ウシとヒツジ、ヤギ、ウマなどの動物が放牧されている。ブラウンスイスという品種の乳牛から搾った牛乳やソフトクリームが食べられる。

  • 奥日光湯元キャンプ場奥日光湯元キャンプ場

    奥日光の湯元温泉にあり、草地に広がるサイトは開放感がある。毛布などのレンタルはないので、必要な物はすべて持ち込みで。利用の際は日光湯元ビジターセンターで受付。

  • 栃木県立日光自然博物館栃木県立日光自然博物館

    奥日光の自然情報の発信、自然観察会の開催や野外学習体験など幅広い活動を展開。人文系と自然系の2つの展示室でも日光について学べる。

日光・鬼怒川の「遊ぶ」観光スポットをもっと見る(全64件)

日光・鬼怒川の「観る」観光スポット(全13件)

  • 日光湯元ビジターセンター日光湯元ビジターセンター

    草花や木、野鳥、昆虫、魚、ハイキングコースなど、奥日光の自然に関する情報を展示。また、季節や場所に応じた自然をテーマにしたイベントも開催している(要予約)。

  • 間欠泉間欠泉

    川俣いち押しの観光スポットである間欠泉。鬼怒川にかかる噴泉橋の真下にある岩と岩の隙間から、白い蒸気が一気に噴き出すと、轟音とともに20〜30mに達する湯けむりが噴き上がる。

  • 中禅寺湖畔ボートハウス中禅寺湖畔ボートハウス

    昭和22年、アメリカ水辺リゾートの建物をモデルに建築されたボートハウス。現在は中禅寺湖畔自然研究路沿いに整備されている。デッキから中禅寺湖が一望できる。

  • 日光東照宮美術館日光東照宮美術館

    東照宮の旧社務所・朝陽閣が平成7(1995)年から美術館として公開。横山大観の朝陽図のある貴賓室の他、日本を代表する画伯の作品(障壁画)が約50点程展示されている。

日光・鬼怒川の「観る」観光スポットをもっと見る(全13件)

日光・鬼怒川の「歴史」観光スポット(全52件)

  • いろは坂いろは坂

    48ヵ所のカーブがあり「いろはにほへと」の48文字と一致することからこの名が付いた。湖、滝、紅葉が一体となった眺めがすばらしい。

  • 日光東照宮日光東照宮

    徳川家康を祀り、元和3(1617)年に2代将軍秀忠によって創建、3代将軍家光によって大造替。世界文化遺産にも登録された江戸時代初期の華麗な建築美が見られる。

  • 二荒山神社二荒山神社

    1200年以上前に勝道上人が創建、現在の本社社殿は東照宮創建と前後し徳川2代将軍秀忠が造営。日光最古の建物であり、福神・縁結びの神社として知られる。

  • 温泉寺温泉寺

    正式には日光山輪王寺別院温泉寺という名の勝道上人ゆかりの寺。古くから輪王寺を訪れる修行僧の温泉場とされていた。現在の温泉寺は、昭和48(1973)年に再建されたもの。

日光・鬼怒川の「歴史」観光スポットをもっと見る(全52件)

日光・鬼怒川の「自然」観光スポット(全23件)

  • 中禅寺湖中禅寺湖

    標高1269mの高所に位置し、男体山の麓に広がる、周囲25km、最大深度163mの湖。当初は外国人向けの避暑地として注目されたが、今では釣りのメッカとしても知られる。

  • 戦場ヶ原戦場ヶ原

    男体山が噴火して湯川がせき止められ、土砂がたまってできた広大な湿原地帯。6月〜10月はノハナショウブなど数々の高山植物が楽しめる。ハイキングにも最適な場所だ。

  • 男体山男体山

    標高2486mから麓に向かって、なだらかな美しい斜面を描く。山頂には二荒山神社の奥宮があり、山岳信仰の拠点となっている。信仰登山もさかんだ。

  • 霧降高原霧降高原

    5〜6月にツツジが咲き、7月にはニッコウキスゲが咲き乱れる。ハイキングコースを歩いて、手軽に花の群落地を訪れることができる。

日光・鬼怒川の「自然」観光スポットをもっと見る(全23件)

日光・鬼怒川の「交通」観光スポット(全2件)

日光・鬼怒川の「交通」観光スポットをもっと見る(全2件)

日光・鬼怒川の「工房」観光スポット(全0件)

申し訳ありません。
該当する観光スポットが見つかりませんでした。

日光・鬼怒川の「街並」観光スポット(全14件)

  • 神橋神橋

    日本の三奇橋のひとつに数えられ、日光観光のシンボル的存在。大谷川に架かる鮮やかな朱塗りのアーチ形の橋は、くっきりと緑に映えて美しい。

  • 日塩もみじライン日塩もみじライン

    国道121号の龍王峡のあたりから、国道400号を結び中塩原の逆杉にかけて走る山岳道路。その名のとおり秋の紅葉が見事だ。途中には太閤下ろしの滝や白滝などの名所もある。

  • 杉並木公園杉並木公園

    日光杉並木の保護と地域文化を伝承するために造られた公園。園内には直径10mにも及ぶ大水車や、線香の粉挽きに使われていた水車など14基の水車が設置されている。

  • しゃくなげ橋しゃくなげ橋

    菖蒲ヶ浜から湯滝に向かうハイキングコースの途中にある。橋の上から湯川独特の複雑な流れが目を楽しませてくれる。ハイブリッドバスの停留所もここからすぐ近くにある。

日光・鬼怒川の「街並」観光スポットをもっと見る(全14件)

日光・鬼怒川の「名所」観光スポット(全10件)

  • 明智平明智平

    標高1473mの展望台からは、西に男体山と華厳ノ滝、中禅寺温泉街、中禅寺湖をはじめとする一大パノラマが満喫できる。紅葉狩りのメッカとして賑わいをみせる場所だ。

  • 日光山輪王寺 天空回廊日光山輪王寺 天空回廊

    本堂(三仏堂)修理期間(平成30年修理完了予定)限定の展望施設。修理風景を見たり、日光市内を一望できる。

  • 金剛桜金剛桜

    輪王寺境内の三仏堂の前にある山桜。樹齢500年以上を経た古木。国指定天然記念物。開花時期は、4月中旬から5月のゴールデンウィーク頃まで。

  • 二荒山神社・御神木二荒山神社・御神木

    神域にふさわしく数々の老木、巨木が立ち並び、親子杉、夫婦杉、三本杉、縁結びの笹など、御神木として親しまれている。縁結びの笹に祈ると、あらゆる縁に恵まれるという。

日光・鬼怒川の「名所」観光スポットをもっと見る(全10件)

日光・鬼怒川の「買う」観光スポット(全45件)

  • 東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園

    春から秋にかけて色とりどりの植物で覆われる。その数は約2200種類。約10万7000平方メートルの敷地内をゆっくり散策できる。開花情報はホームページにて随時更新中。

  • 源泉源泉

    日光開山の祖、勝道上人が発見し、そこに湧出する湯を薬師湯と名付けた。硫黄泉が湯量豊富に湧き出し、慢性皮膚炎、リューマチなどに効果があるといわれる。

  • 足尾銅山観光足尾銅山観光

    銅の国内産出の約40%を担っていた足尾銅山の歴史を、人形でリアルに再現した施設。抗道内ではトロッコ電車に乗り、牽引車に触れることもできる。銅山資料館なども併設。

  • 平家落人民俗資料館平家落人民俗資料館

    落人の末裔といわれる村の家々に長い間眠っていた平家ゆかりの品々が集められ展示してある。源平の戦いを描いた「平治物語絵巻」、鎧兜、太刀など貴重な資料が見られる。

日光・鬼怒川の「買う」観光スポットをもっと見る(全45件)

日光・鬼怒川の「温泉」観光スポット(全11件)

  • 中禅寺温泉中禅寺温泉

    男体山の噴火によりできた中禅寺湖。古くから避暑地として、親しまれてきた中禅寺温泉のお湯は、日光湯元から引湯している。周辺には大迫力の華厳滝など観光スポットも多い。

  • 日光湯元温泉日光湯元温泉

    奥日光の奥に位置する湯ノ湖のほとりに開けた温泉地。奈良時代に日光開山の祖勝道上人がこの地に温泉を発見したことから始まる名湯。温泉を引いた珍しい温泉寺があり一般の人も入浴が可能だ。

  • 鬼怒川温泉鬼怒川温泉

    鬼怒川の清流沿いに広がる一大温泉観光地。開湯は江戸時代で、日光詣での僧侶や大名だけに利用が許されていた。明治以降、一般にも開放され、昔も今も変わらず、柔らかいお湯が疲れた体を癒す。

  • 川治温泉川治温泉

    鬼怒川温泉から鬼怒川をさかのぼり、男鹿川と合流する谷間に湧く温泉。渓谷に囲まれ、にぎやかな鬼怒川温泉に比べて静かで落ち着いた環境にある。古くから多くの湯治客に親しまれてきた。

日光・鬼怒川の「温泉」観光スポットをもっと見る(全11件)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C) 2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

サイト基本情報

Copyright © 2002 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.