楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 三重県の観光スポット > 三重県の「歴史」観光スポット

三重県の「歴史」観光スポット

エリア
三重県
ジャンル
歴史

伊勢・志摩の「歴史」観光スポット(全22件)

  • 猿田彦神社猿田彦神社

    天孫降臨の際、その道案内をしたといわれる猿田彦大神を祭神とする神社。開運の神として信仰を集め、交通安全を祈願する人も多い。伊藤小坡美術館を併設している。

  • 二見興玉神社二見興玉神社

    夫婦岩の沖合約700mにある、猿田彦大神ゆかりの興玉神石を拝す神社。縁結びや夫婦円満などにご利益があるといわれ、大神の使いといわれるカエルの置物が境内のあちこちに並ぶ。

  • 伊雑宮伊雑宮

    内宮の別宮で天照大神御魂を祀る。日本三大田植祭の一つとして知られる「磯部の御神田(御田植式)」で有名。これは国の無形民俗文化財に指定されている。

  • 月夜見宮月夜見宮

    外宮の別宮で、天照大神の弟神の月夜見尊を祀る神社。月夜見尊は月の神ともいわれ、水利農業の神として信仰を集めている。春と秋に月夜見宮奉賛会により礼典が行われる。

  • 倭姫宮倭姫宮

    垂仁天皇の皇女である倭姫命は天照大神の御杖代として大和・伊賀・近江・美濃を御巡幸の末、天照大神を現在地に祀ったとされる。その功績を讃えて大正12(1923)年に創建された神社。

  • 太江寺太江寺

    天平年間(729〜49)に行基が伊勢参詣の時に創建したと伝わる古刹。興王神木仏本尊で国の重文の千手観音菩薩は4月29日の藤まつりに開帳される。梅雨にはアジサイが咲きほこる。

伊勢・志摩の「歴史」観光スポットをもっと見る(全22件)

伊賀・名張の「歴史」観光スポット(全14件)

  • 上野城(白鳳城)上野城(白鳳城)

    慶長16(1611)年に藤堂高虎が手掛けた城だが、完成直前に暴風雨のために天守が倒壊、約30mの内堀の石垣のみが残された。現在の天守は昭和になって再建されたものだ。

  • 芭蕉翁生家芭蕉翁生家

    松尾芭蕉の生家。書斎「釣月軒」が奥にあり、29歳まで生家で過ごし、ここで処女句集「貝おほひ」を執筆した。近くには、松尾家の菩提寺愛染院、遺髪を納めた故郷塚がある。

  • 観菩提寺観菩提寺

    天平勝宝3(751)年、奈良東大寺の実忠和尚創建の古刹。楼門、本堂、そして33年に一度しかご開帳されない本尊の十一面観世音菩薩像は秘仏で国の重文。次回の開帳は平成27(2015)年予定。

  • 名張藤堂家邸跡名張藤堂家邸跡

    藤堂高吉から始まる名張藤堂家の御殿。広大な屋敷だったが、今は奥住居の一部と桃山式枯山水の庭園が残るのみ。江戸時代の上級武家屋敷が残っているのは全国でも珍しい。

  • 美旗古墳群美旗古墳群

    田園風景のなかにこんもりと点在する古墳群は、伊賀地方の豪族伊賀氏または名張氏のものと推測され、県下最大の規模を誇る。全長140mはある前方後円墳の馬塚などを見ることができる。

  • 敢國神社敢國神社

    創建は1300年前と伝えられる古社で、御祭神は四道将軍の一人として活躍した大彦命ほか二柱。境内には病に効くといわれている御神水や、霊験あらたかな「むすび社」などがある。

伊賀・名張の「歴史」観光スポットをもっと見る(全14件)

熊野・尾鷲・紀北の「歴史」観光スポット(全13件)

  • 神内神社神内神社

    神殿ではなく背後の岩窟を御神体とする神社。樹叢は県の天記然念物に指定されている。スギやヒノキ、ケヤキなどが生い茂り巨岩な岩が厳かな雰囲気を漂わせる。安産の神様としても有名。

  • 赤木城跡赤木城跡

    伊賀上野城や伏見城などを手がけた城作りの名手、藤堂高虎が11年間滞在した赤木に築いた城の跡。赤木城は中世と近世の築城法を併用した平山城で、築城当時の原形を残した城跡は貴重だ。

  • 尾鷲神社尾鷲神社

    鳥居の横に大きな楠の木がそびえる神社で、スサノオノミコトを祀っている。この神社に伝わる社宝の獅子頭は、毎年2月1〜5日に行われるヤーヤ祭りで公開される。

  • 産田神社産田神社

    イザナミノミコトがカグツチノカミを産んだとされる古社。安産、子授けの神として崇敬を集め、毎年1月10日の大祭には安産と子育てを願ってホウハンという骨付きサンマが供される。

  • 花の窟神社花の窟神社

    「日本書紀」にも登場する日本最古の神社で世界遺産にも登録されている。ご神体は45mの巨大な岩でイザナミノミコトを祀る。毎年2・10月に「お綱かけ神事」などの祭礼が行われる。

  • 滝原宮滝原宮

    内宮の別宮で、天照大神御魂を祀る。社域は大台ヶ原の原生林に続く森に囲まれていてとても広く、樹齢数百年の杉やヒノキが立ち並び荘厳な雰囲気がただよう。

熊野・尾鷲・紀北の「歴史」観光スポットをもっと見る(全13件)

松阪の「歴史」観光スポット(全10件)

  • 神宮寺(丹生大師)神宮寺(丹生大師)

    正式には神宮寺だが通称丹生大師と呼ばれる弘法大師ゆかりの寺。仁王像の納まる楼門、白壁の登廊などは独特の趣がある。女性にも開放されていたことから「女人高野」とも呼ばれる。

  • 樹敬寺樹敬寺

    浄土宗の寺で本居宣長一族の菩提寺。本居宣長夫妻の墓と、視力を失いながらも宣長の後を継いで生涯を研究に捧げた息子春庭夫妻の墓が、背中合わせに立っている。

  • 来迎寺来迎寺

    天台宗真盛宗の寺で、豪商三井家の菩提寺。本堂は二棟からなる複合施設で江戸中期を代表する建造物として国の重要文化財に指定されている。9月28日には万燈祭が行われる。

  • 松坂城跡松坂城跡

    戦国の名将・蒲生氏郷が手掛けた松坂城の跡地で、桜や季節の花が咲く緑豊かな公園として市民の憩いの場になっている。園内には本居宣長記念館や歴史民俗資料館がある。

  • 近長谷寺近長谷寺

    仁和元(855)年に飯高氏が建立した寺で、通称近長さん。本尊は一本の木から刻まれたという木造の十一面観音立像で、国の重文。毎年2月18日は厄よけ春季大会式。

  • 東光山 神宮寺東光山 神宮寺

    奈良時代に開創された古刹。織田信長も平伏したと伝えられる本尊の薬師瑠璃光如来や勢州七福神の毘沙門天を祀る。本堂大間は156枚の絵天井があり、境内には「ぼけ封じ」の白寿観音が祀られる。

松阪の「歴史」観光スポットをもっと見る(全10件)

鳥羽の「歴史」観光スポット(全9件)

  • 八幡神社八幡神社

    大漁祈願、海上安全・漁業の守り神。旧暦1月18日前後に開催される八幡祭(神祭)は、男たちが聖なる墨を奪い合う勇壮な祭り。島中の船や家に書かれているマークはこの墨で書かれる。

  • 青峯山正福寺青峯山正福寺

    青峯山山頂にあり、本尊の十一面観音菩薩は、相差の海からクジラに乗り現れたと伝わる。漁業や船舶関係者の信仰があつく、旧暦1月18日には「御船祭」が行われる。

  • 浦神社浦神社

    「浦の権現さん」と親しまれている浦村地区の氏神を祀る。境内にほとばしる岩清水が老眼や疲れ目によいという信仰が広く知れわたり、訪れる人が多い。

  • 海士潜女神社海士潜女神社

    鳥羽・パールロード沿いの国崎の集落の中にひっそりと立つ神社。昔、天照大神の鎮座した後、神に供えるものをさがしていた倭姫命にアワビを献上した海女のお弁を祀っている。

  • 彦瀧大明神彦瀧大明神

    女性の神様で知られており、毎月遠方から多くの女性達が訪れる。渓流の上に張り渡された注連縄と小さな祠がある。「彦瀧さん」と呼ばれ親しまれている。

  • 神明神社(石神さん)神明神社(石神さん)

    相差地区の氏神を祀る神明神社の参道にある社で、「女性の願いなら必ずひとつは叶えてくれる」と古くから伝えられている。

鳥羽の「歴史」観光スポットをもっと見る(全9件)

津・鈴鹿・亀山の「歴史」観光スポット(全17件)

  • 亀山城跡亀山城跡

    天正18(1590)年、岡本宗憲によって築城。別名・粉蝶城とも呼ばれた城。石垣と多門櫓のみが残り近年多門櫓を創建当初の姿に復原したほか二之丸曲輪や西之丸外堀、武家屋敷などの復原整備を実施。

  • 椿大神社椿大神社

    天孫降臨の折に神々の道案内をしたと伝わる、猿田彦大神の総本宮。猿田彦の妻神で芸能の神であるアメノウズメを祀る別宮や、松下幸之助氏寄進の茶室などがある。

  • 結城神社結城神社

    しだれ梅の名所として名高く、紅白、一重、八重といろいろな種類の梅、約350本がシーズンには美しい花を咲かせる。結城神社の梅は3月初旬が見頃で大勢の人で賑わう。

  • 津観音寺津観音寺

    浅草、大須と並んで日本三大観音の一つ。多数の文化財を有する真言宗の名刹で、別堂の阿弥陀如来は伊勢の天照大神の本地仏として有名。古くから人々の信仰を集めている。

  • 津城跡津城跡

    織田信包が天正8(1580)年に築城。富田氏を経て慶長13(1608)に藤堂高虎が入場し、大改修が加えられた。現在、本丸と西之丸・内堀の一部が残る。

  • 真宗高田派本山専修寺真宗高田派本山専修寺

    全国に630ヶ寺ほどある真宗高田派の本山。広い敷地に全国の重文で5本の指に入る巨大な御影堂、如来堂、親鸞聖人の直筆が納められた宝物館などが立ち並ぶ。

津・鈴鹿・亀山の「歴史」観光スポットをもっと見る(全17件)

四日市・桑名・湯の山・長島温泉の「歴史」観光スポット(全9件)

  • 三岳寺三岳寺

    大同2(807)年、伝教大師の創建と伝わる。その昔、身分の違う男女が結ばれた伝説から、恋結びの寺として知られている。

  • 福王神社福王神社

    聖徳太子が毘沙門天を安置したといわれる歴史ある神社。毘沙門天は、日本では福と財を与えるといわれており商売繁盛の神様として信仰されている。

  • 竹成五百羅漢竹成五百羅漢

    小高く盛った土の上に石の神様と仏様が仲良く並んでいる神仏混淆の様子は全国的にも珍しい。竹成出身の照空上人が15年の歳月をかけ作ったとされている。

  • 東林寺東林寺

    奈良時代の行基の開山といわれる古刹。樹齢数百年の杉林の中「養老の裏滝」と呼ばれる涼しげな白滝の音に心が洗われる。東林寺の近隣には東海自然歩道コースがある。

  • 多度大社多度大社

    「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」と謡われ、北伊勢大神宮と崇敬される神社。5月4・5日に少年騎手が人馬一体となって約2mの絶壁を上がる上げ馬神事で有名。

  • 春日神社(桑名宗社)春日神社(桑名宗社)

    古くから桑名の総鎮守とされ、夏には国指定重要無形文化財の石取祭が行われる歴史ある神社。街中の心鎮めるパワースポットとして老若男女が集う杜。

四日市・桑名・湯の山・長島温泉の「歴史」観光スポットをもっと見る(全9件)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C) 2020 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

キーワード
楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス