楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 鹿児島県の観光スポット > 鹿児島県の「自然」観光スポット

鹿児島県の「自然」観光スポット

エリア
鹿児島県
ジャンル
自然

奄美大島・喜界島・徳之島の「自然」観光スポット(全16件)

  • ヤドリ浜ヤドリ浜

    大島海峡の東方に位置する遠浅の海。青い海と白い砂浜が続き、浜辺に立つガジュマルの木陰で休むこともできる。無人のキャンプ場があり、シャワーとトイレを備える。

  • 湯湾岳湯湾岳

    奄美群島最高峰の標高694.4mを誇る山。国定公園特別保護区に指定され、イタジイやアマミスミレ、アマミノクロウサギやケナガネズミなど、貴重な動植物が生息している。

  • 西阿室海岸西阿室海岸

    奄美新民謡の「加計呂麻慕情」の舞台として知られる、西阿室に広がる海岸。ここから望む夕日はすばらしく、小島の間に太陽が沈んでいく光景は、息をのむ美しさだ。

  • 尚子ロード尚子ロード

    日本のトップアスリート、高橋尚子さんが、シドニー五輪行きをかけた名古屋国際女子マラソンの練習場所として走ったコースを尚子ロードと命名。道路脇には記念碑が立つ。

  • ホノホシ海岸ホノホシ海岸

    砂浜が多い奄美ではめずらしく、海岸の石や砂利が波に洗われて玉石化している。沿岸には奇岩が屹立し、玉石の浜、黒潮の荒波が描く男性的な風景を見ることができる。

  • 土盛海岸土盛海岸

    空港からあやまる岬へ向かう途中にある海岸で、島でもトップクラスの美しさを誇る。あたりは白い砂浜から海の緑、濃い青へと幻想的なグラデーションをつくりあげている。

奄美大島・喜界島・徳之島の「自然」観光スポットをもっと見る(全16件)

川内・出水の「自然」観光スポット(全11件)

  • 金山海岸金山海岸

    大カブ瀬、松島、立髪など大小5つの岩礁が海中から突き出た景勝地。名称の由来は、藩政時代に銅をはじめ金、銀を試掘した跡があることによる。

  • 長目の浜長目の浜

    島内を代表する景勝地。なまこ池の北端から貝池を中にはさみ、鍬崎池の東端までおよそ4kmの長さで、海跡池を形づくっている。3つある展望所からの眺めはすばらしい。

  • トンボロトンボロ

    「トンボロ」とはイタリア語に由来する言葉で、陸と島をつなぐ堆積地形のこと。南北1.5kmにおよび、北海道の函館、和歌山の串本とともに日本三大トンボロの一つだ。

  • 門口瀬門口瀬

    鹿島断崖のエリアにあり、通称「凱旋門」と呼ばれる大きな岩。その名のとおり、パリの凱旋門のような形をして観光船を迎えている。

  • ナポレオン岩ナポレオン岩

    下甑島の西側に広がる瀬々野浦海岸に切り立つ高さ127mの奇岩。横から見るとナポレオンの顔に似ているところから、ナポレオン岩の別名がある。漫画「Dr.コトー診療所」にも登場。

  • コガミアイコガミアイ

    中国の水墨画を見るような風光明媚な景観で、高さはおよそ155mにもなる。カミアイと呼ばれる場所もあり、ここから神々が島に登り、住みついたという神話も語り継がれている。

川内・出水の「自然」観光スポットをもっと見る(全11件)

鹿児島・桜島の「自然」観光スポット(全4件)

  • 桜島桜島

    鹿児島市街の東方約4kmの錦江湾に浮かぶ活火山。北岳、中岳、南岳が並び、南岳は断続的に噴煙を上げている。鹿児島市の桜島桟橋からフェリーが運航している。

  • 城山城山

    鹿児島市街中央部にある標高107mほどの小高い山。明治10(1877)年の西南戦争で、西郷隆盛が自刃した地。展望台からは、錦江湾、桜島、鹿児島市街が一望できる。

  • 黒神埋没鳥居黒神埋没鳥居

    大正3(1914)年の桜島の大噴火によって、笠木の部分を残して埋没した桜島の東岸にある黒神神社(腹五社神社)の鳥居。神社本殿は灰の下に眠っている。

  • 西郷隆盛蘇生の家西郷隆盛蘇生の家

    西郷隆盛が斉彬の死後、尊皇攘夷派の僧、月照とともに錦江湾に飛び込み自殺を図ったものの救出され、西郷のみが息を吹き返した。そのとき蘇生したといわれる家を復元。

鹿児島・桜島の「自然」観光スポットをもっと見る(全4件)

指宿・枕崎・南さつまの「自然」観光スポット(全7件)

  • 池田湖池田湖

    大昔の火山活動により陥没してできたとされる周囲約15km、最大水深233mのカルデラ湖で、大きさは九州最大。菜の花の季節には開聞岳とあわせてすばらしい景観が楽しめる。

  • 開聞岳開聞岳

    標高924m、薩摩富士とも呼ばれる美しい円錐形の山。海岸に迫るようにそびえ立つ薩摩半島のシンボル。山頂からは霧島連山、南西諸島など360度のパノラマが楽しめる。

  • 長崎鼻長崎鼻

    黒潮が洗う薩摩半島最南端に突き出た岬。砂浜の先にそびえ立つ松並木が美しく、海岸線から見る夕日はすばらしい。浦島太郎伝説の発祥の地としても知られる。

  • 吹上浜吹上浜

    砂浜部分の幅は1kmから2km、長さ47kmの日本3大砂丘の一つに数えられる。ワシントン条約の国際保護動物であるアカウミガメの産卵場所としても知られる。

  • 知林ヶ島知林ヶ島

    指宿市北部の田良浜沖に浮かぶ周囲3kmほどの無人島。岸からは800mほど離れているが、3月から10月にかけての大潮や中潮の干潮時には砂の道でつながり、歩いて渡ることができる。

  • 魚見岳魚見岳

    錦江湾に臨む海岸にそびえる標高215mの小高い山で、かつては魚群の動きを監視していたとされる。展望台からは指宿市街、錦江湾、大隅半島が一望でき、夜景もすばらしい。

指宿・枕崎・南さつまの「自然」観光スポットをもっと見る(全7件)

沖永良部島・与論島の「自然」観光スポット(全5件)

  • ウジジ浜ウジジ浜

    海岸線に傘のような奇岩がいくつも切り立つ景勝地。長い年月にわたって石灰質の岩が海水の化学物質によって浸食されたもので、まるで人工物のようなふしぎな光景。

  • 田皆岬田皆岬

    沖永良部島東端に位置し、海に突き出た岬。目前に広がる大海原は海中が透き通ってみえるほど透明度が高く、運がよければウミガメの遊泳が見られる。奄美十景に数えられる。

  • 屋子母海岸屋子母海岸

    沖永良部島南部に位置する海岸。亜熱帯植物が生い茂る海岸線、ライトブルーのサンゴなど美しい眺めが続く。夏は熱帯魚といっしょに泳ぐことができる。

  • アイギ浜アイギ浜

    カヌーやヨットの艇庫と屋内プールが整うB&G海洋センターに面したビーチ。遠浅の海は海底のサンゴが透き通って見えるほど美しい。近くにシャワーとトイレがある。

  • 兼母海岸兼母海岸

    与論島西端の与論空港近くサンセットビーチ一帯の海岸。8月上旬には群生する淡赤色のグンバイヒルガオが咲く。一角にはプリシアリゾートヨロンがある。

沖永良部島・与論島の「自然」観光スポットをもっと見る(全5件)

霧島・国分・鹿児島空港の「自然」観光スポット(全13件)

  • 高千穂峰高千穂峰

    霧島連山に属する標高1574mの山。登山は高千穂河原の古宮址からスタートする。宮崎県高原町にある山頂は360度の展望が開け、桜島、開聞岳などが一望できる。

  • 韓国岳(鹿児島県)韓国岳(鹿児島県)

    標高1700mの霧島山の最高峰。遠く韓国を望めるほど高いということから名が付く。霧島市の大浪池登山口と、宮崎県えびの高原から山頂をめざすことができる。入山については要確認。

  • 佐多岬佐多岬

    九州本島最南端の岬。ジャングルの中の遊歩道が御崎神社や展望台へ続く。種子島、屋久島、硫黄島など7つの島や開聞岳が見える。目前の佐多岬灯台は日本最古の灯台。

  • 大浪池大浪池

    周囲1.9km、水深11mの山頂火口湖。県道1号沿いの大浪池登山口から40分ほどで着く。周囲にはカエデやアカマツが自生する。秋は紅葉が美しい。

  • 三日月池三日月池

    栗野工業高校近くにあり、以前は湿地であったものを公園として整備している。5月から6月中旬にかけ開花するハナショウブが自生する南限といわれ、国の天然記念物に指定されている。

  • 浜之市浜之市

    龍馬とお龍が吉井幸輔(友実)に連れられて、鹿児島から霧島に入ったのがここで、遠く高千穂峰を眺めることができます。龍馬は慶応2年の3月16日〜4月12日まで25日間を霧島で過ごしました。龍馬とお龍は帰り際にも船待ちのためこの辺りで1泊しているようです。

霧島・国分・鹿児島空港の「自然」観光スポットをもっと見る(全13件)

種子島の「自然」観光スポット(全11件)

  • 千座の岩屋千座の岩屋

    太平洋の荒波にさらされてできた海触岩の一種。干潮時に姿をあらわすと、中に1000人座れるといわれたことから、こう呼ばれる。潮の引いている時に見学できる。

  • 門倉岬門倉岬

    鉄砲伝来の地にある景勝地。亜熱帯植物が茂る一帯には、鉄砲伝来紀功碑や伝来450周年にポルトガルから贈られた記念碑、南蛮船を模した展望台、御崎神社などがある。

  • 雄龍・雌龍の岩雄龍・雌龍の岩

    国道58号沿いの海岸に見える2つの奇岩。昔、仲の良い夫婦が崖崩れで投げ出された海に、突然大きな岩がよりそうように立っていたことが名の由来とされる。隣接して観光物産館がある。

  • 宝満の池宝満の池

    周囲1230m、面積4万9308平方メートルの種子島で最大の淡水池。熱帯植物のハスやヒシが自生し、夏は池一面にハスの白い花が咲く。年間通じて数十種の野鳥も観賞できる。

  • 俊寛堂俊寛堂

    人里離れた竹林内にひっそりと建つ、俊寛を祀る庵。37歳でその生涯を終えた平安時代後期の真言宗の僧がここに住んでいたといわれる。

  • 熊野海岸熊野海岸

    島の東海岸に広がる白い砂の海岸。澄んだ海には奇岩・七ツ島が点々と連なり、遠浅の海はマリンスポーツにも最適。キャンプ場も隣接している。

種子島の「自然」観光スポットをもっと見る(全11件)

屋久島の「自然」観光スポット(全14件)

  • 屋久島屋久島

    九州本土の南60kmに浮かぶ、周囲130kmの屋久島は、世界自然遺産登録の自然豊かな離島。巨大な屋久杉の森、ダイナミックな大滝など、見る者を圧倒する世界が広がる。

  • 白谷雲水峡白谷雲水峡

    大岩や清流が織りなす清々しい渓谷と苔のじゅうたんに覆われた森がみごと。白谷川の両岸に遊歩道が整備されていて、屋久杉やツガ、モミなどを見ながら散策できる。

  • 太鼓岩太鼓岩

    白谷雲水峡の七本杉よりさらに奥へ進み、辻峠を左方向へ登ると現れる巨大な花崗岩。岩の上に立つと350度の大パノラマが広がる。白谷雲水峡の白谷小屋から歩行30分。

  • 永田岳永田岳

    標高1886mは、屋久島および九州において宮之浦岳に次いで2番目に高い山。宮之浦岳、永田岳、および黒味岳は屋久島三山と呼ばれ、永田岳は新日本百名山に選ばれている。

  • 太忠岳太忠岳

    ヤクスギランドの林内から登山道がのびる。山頂には高さ40mの花崗岩、天柱石がそそり立ち、下から見上げると迫力満点だ。ヤクスギランドの蛇紋杉(倒木)から歩行約2時間。

  • 塚崎タイドプール塚崎タイドプール

    潮が引いて岩のくぼみにできた潮だまりに、魚や貝などの生き物が観察できる。ゴジラの頭に似たゴジラ岩や、深さ2mの落とし穴などの奇岩も見ごたえがある。

屋久島の「自然」観光スポットをもっと見る(全14件)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C) 2020 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

キーワード
楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス