楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 熊本県の観光スポット > 熊本県の「歴史」観光スポット

熊本県の「歴史」観光スポット

エリア
熊本県
ジャンル
歴史

阿蘇・黒川の「歴史」観光スポット(全3件)

  • 的石御茶屋跡的石御茶屋跡

    二重峠石畳の近くに的石御茶屋跡があります。御茶屋とは藩主の休憩所のこと。幕臣・勝の一行は二重峠を登る前にここで休憩。勝の日記に「領主小休の亭あり。素質、底は山泉一面に流る」と記された庭が現存しています。現在は個人宅であり、隣の隼鷹天満宮より一部を見ることが可能です。

  • 福の神大黒天福の神大黒天

    地中30cmから出土。米俵の上に座り、富くじを数える姿から大黒天として祀られ、内牧の名所となっている。実際に宝くじに当選した参拝者もいるという。

  • 阿蘇神社(旧官幣大社)阿蘇神社(旧官幣大社)

    孝霊天皇9(紀元前282)年の創建と伝わる神社。堂々とした楼門の先に杉やケヤキなどの大木が茂り、荘厳な雰囲気が漂う。社殿は国の重要文化財に指定。3月の申の日には火振り神事を執り行う。

阿蘇・黒川の「歴史」観光スポットをもっと見る(全3件)

天草・本渡の「歴史」観光スポット(全4件)

  • 大江教会大江教会

    小高い丘の上に建つロマネスク様式の教会。昭和8(1933)年にガルニエ神父と地元信者が協力して建てた。優美な白亜の外観、館内のステンドグラスや大木版画は見ごたえがある。

  • 荊神社荊神社

    もとは栖本干拓の塩止めの際、人柱にした「おとし」の霊を祀ったことから「年神社」と呼ばれていたが、長年の間にイゲが茂り、いつの間にか今の名が付いた。

  • キリシタンの里・崎津キリシタンの里・崎津

    緑豊かな漁村、河浦地区。中世から天草氏の所領として開かれ、キリシタン発祥の地として繁栄した。羊角湾の北、崎津の浜に建つ崎津天主堂は河浦地区のシンボル。

  • 崎津教会崎津教会

    昭和9(1934)年建築の教会。尖塔がそびえるゴシック様式で、聖堂内は畳敷きという和洋の交錯がふしぎな空間を描く。訪れる際は節度をもって拝観のこと。ミサの間は入館できない。

天草・本渡の「歴史」観光スポットをもっと見る(全4件)

大津・玉名・山鹿・荒尾・菊池の「歴史」観光スポット(全16件)

  • 金剛乗寺金剛乗寺

    山鹿最古の寺ともいわれ、天長年間(824〜34)に空海によって開かれたとされる。寺の入り口にあるアーチ状の石門は山鹿市の文化財。円形の通路と屋根部分の造りが中国風になっている。

  • 菊池神社菊池神社

    明治3(1870)年に菊池氏居城跡に創建された神社。武時公、武重公、武光公ほか一族を祀っている。境内には菊池神社歴史館があり、また春季には桜の名所としてにぎわう。

  • 日輪寺日輪寺

    赤穂義士の遺髪塔が立っていることで有名な禅寺。広い境内にはツツジ庭園があり、毎年4月中旬ころには3万5000株のツツジが色鮮やかに咲き誇る。

  • 蓮華院誕生寺奥之院蓮華院誕生寺奥之院

    本尊の皇円大菩薩入定800年を記念して昭和53(1978)年に建立された大伽藍には、直径2.88m、重さ37.5tの大梵鐘「飛龍の鐘」がある。写経や座禅の修行ができる五重塔などもある。

  • 二子山石器製作遺跡二子山石器製作遺跡

    熊本・菊鹿線(県道37号)と大津・植木線(県道30号)が交差する付近にある。約3000年前に石器をつくっていた跡といわれ、数多くの打製石器が出土している。

  • 疋野神社疋野神社

    2000年の歴史を持つ古名社。製鉄の神・波比岐を祀る神社で、一の鳥居は県下一の大きさを誇る。10月15日の大祭では、子供みこしや射的神事などが行われる。

大津・玉名・山鹿・荒尾・菊池の「歴史」観光スポットをもっと見る(全16件)

人吉・球磨の「歴史」観光スポット(全11件)

  • 人吉城跡人吉城跡

    人吉の領主相良氏の居城跡。繊月城とも呼ばれ、球磨川とその支流胸川を利用して天然の外濠としている。現在は公園になっていて、春は桜、秋は紅葉の名所として有名だ。

  • 永国寺永国寺

    蓬莱山のふもとにあり、西南戦争の際には西郷隆盛が本陣として利用した。「ゆうれい寺」とも呼ばれ、開山の実底和尚が描いたと伝わる幽霊の掛け軸が有名だ。

  • 青井阿蘇神社青井阿蘇神社

    『球磨で名所は青井さんの御門』と民謡球磨の六調子に歌われる。大同元(806)年に創建され、慶長15(1610)年に再建。本殿、廊、幣殿、拝殿、楼門は国宝に指定されている。

  • 谷水薬師谷水薬師

    聖武天皇のころ、行基が諸国行脚の途中で如来像を刻み、祀ったのがはじまりと伝わる。山門の仁王像は、病の場所に紙つぶてを投げて、うまく当たれば治るといわれる。

  • 石水寺石水寺

    応永24(1417)年に、実底超真が開いた曹洞宗の寺。石をくりぬいたおにぎり形の山門と、春に桃色の花を咲かせるカイドウで有名。近くには築約150年の眼鏡橋がある。

  • 宮原観音堂宮原観音堂

    桃山時代に建てられた厨子と推定されていて、熊本県の重要文化財に指定されている。宮原谷の入り口で、風雪に耐えた姿を見せる。中には木造の観音像を安置している。

人吉・球磨の「歴史」観光スポットをもっと見る(全11件)

熊本の「歴史」観光スポット(全12件)

  • 熊本城熊本城

    大阪城、名古屋城と並ぶ日本三名城。天正16(1588)年に肥後藩主となった加藤清正が、7年の歳月をかけて慶長12(1607)年に築城。外敵の侵入を防ぐ石垣「武者返し」が見られる。

  • 雲巌寺雲巌寺

    金峰山をぐるりとめぐる自然歩道の途中に建つ禅寺の雲巌寺。その山麓の岩肌に、羅漢石像が並び立つ。200年以上前に彫られたと伝わり、県の史跡に指定されている。

  • 本妙寺本妙寺

    熊本市内を見渡せる高台に建つ加藤清正の菩提寺。治水事業などで領民から慕われた「せいしょうこう(清正公)」が眠る朱塗りの浄池廟と、清正の遺品を展示する宝物館がある。

  • 藤崎八旛宮藤崎八旛宮

    千余年の歴史を誇る熊本の総鎮守。京の石清水八幡宮を勧請し、應神天皇、住吉大神、神功皇后を祀る。毎年9月中旬には三基の御神輿と隋兵、新町獅子舞、飾馬と勢子が街を練り歩く例大祭を開催。

  • 旧細川刑部邸旧細川刑部邸

    細川家三代、忠利の弟にあたる興孝が興じた細川刑部家の武家屋敷で、熊本城三の丸にある。熊本県の重要文化財に指定されていて、全国に残る上級武家屋敷の一つとして知られる。

  • 雲巌寺の五百羅漢雲巌寺の五百羅漢

    金峰山ろくにある雲巌寺の、岩肌にずらりと並ぶ羅漢石像。200年以上前に彫られたと伝わり、自分に似た顔が一つはあるといわれるほど、さまざまな表情の石像がある。

熊本の「歴史」観光スポットをもっと見る(全12件)

宇土・八代・水俣の「歴史」観光スポット(全9件)

  • 松浜軒松浜軒

    元禄元(1688)年、八代城主松井直之が母親のために建てた茶室。この名は当時、庭先に八代海の砂浜と松を望めたことにちなむ。5月から6月にかけては肥後ハナショウブが咲く。

  • 八代城跡八代城跡

    薩摩の島津氏に対して一国一城令の例外として元和8(1622)年に加藤清正の子、忠広が築いた城で、石灰岩の石垣があることから別名「白鷺城」と呼ばれた。春は城内に桜が咲き誇る。

  • 野津古墳群野津古墳群

    全長約100mの前方後円墳4基からは、貴重な遺品が出土している。中の城古墳の大形円筒埴輪、物見櫓古墳の純金の耳飾りは全国的にもめずらしい。

  • 春光寺春光寺

    延宝5(1677)年に城主・松井家の菩提寺として移築され、歴代の城主や殉死者の墓が残る。俳句など25基の句碑があることから「句碑寺」とも呼ばれている。秋は紅葉が美しい。

  • 宇賀岳古墳宇賀岳古墳

    岡岳公園内にある古墳時代後期の装飾古墳。ここから大塚古墳、望郷子守唄の碑、宮島貝塚、豊福城跡、竹崎六地蔵幢、竹崎城跡の史跡めぐりができる。

  • カッパ渡来の碑カッパ渡来の碑

    仁徳天皇の時代に、中国から9000匹もの河童が海を泳いで渡ってきたという伝説が残る八代市。カッパが上陸したといわれる場所にこの記念碑が立っている。

宇土・八代・水俣の「歴史」観光スポットをもっと見る(全9件)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C) 2019 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

キーワード
楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス