楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 秋田県の観光スポット > 秋田県の「自然」観光スポット

秋田県の「自然」観光スポット

エリア
秋田県
ジャンル
自然

秋田の「自然」観光スポット(全6件)

  • 高尾山高尾山

    標高380mの高尾山は、広大な田園と雄物川の流れを一望する雄和地区のシンボル。昭和47(1972)年には県民レクリエーション地域に指定されている。山荘やキャンプ場なども揃う。

  • 川反通り川反通り

    秋田の郷土料理を楽しむには川反通りへ足を運びたい。1000軒もの飲食店が所狭しと建ち並び、東北では最大級の規模を誇る。

  • 茨島河川公園茨島河川公園

    市内の中央部を流れる雄物川の河岸には緑の芝が広がる。各所に木々や岩組みの池が配された散策スポット。夏には河口付近で花火大会が開催される。

  • 岨谷峡岨谷峡

    河辺地区を代表する景勝地。そそり立つ岸壁の間を縫うようにして渓流が流れ、5月の新緑や10月の紅葉が特に美しく、木々と岩と川の流れが絶妙のコントラストを見せる。

  • 広小路広小路

    秋田駅前から千秋公園の南側を経て、旭川に至る通り。千秋公園の堀に面しており、中心市街地にありながら、千秋公園の桜やツツジを眺めつつ、ゆったりと散策できる。

  • 仲小路仲小路

    秋田西武とフォンテ秋田の間にある街。通りの両側には喫茶店やお洒落なショップが連なり、家族連れや若者たちで賑わう。

秋田の「自然」観光スポットをもっと見る(全6件)

由利本荘・鳥海山の「自然」観光スポット(全5件)

  • 鳥海山(秋田県)鳥海山(秋田県)

    山形県との県境にそびえる名峰。独立峰のため視界が広く、山頂からの眺めはすばらしい。チョウカイアザミなど高山植物も豊富で、7〜8月が見頃。

  • 仁賀保高原仁賀保高原

    鳥海山北麓に広がる高原地帯のひとつ。遠くは男鹿半島まで、360度の景観が広がる。休憩や食事ができる施設を中心に、遊技施設が揃っているほか、レンタサイクルもある。

  • 石沢峡石沢峡

    紅葉の名所として知られる自然美あふれる峡谷。切り立った断崖がおよそ8kmも続き、数多くの奇岩怪石が点在する。なかでも18mもの高さから流れ落ちる石沢大滝は圧巻。

  • 象潟海岸象潟海岸

    芭蕉が訪れた最北の地。散策を楽しみながら、海岸から眺める日本海は数多くの島々を浮かべてすばらしく、また美しい夕日にロマンチックな気分にも浸れる。

  • 中島台獅子ヶ鼻湿原中島台獅子ヶ鼻湿原

    獅子ヶ鼻湿原一帯には「鳥海まりも」と呼ばれるコケの群生がある。ハンデルソロイゴケなど貴重な種類が自生している。森の中に隠れるように湿原が広がっている。

由利本荘・鳥海山の「自然」観光スポットをもっと見る(全5件)

能代・男鹿・白神の「自然」観光スポット(全18件)

  • 白神山地 二ツ森(秋田県)白神山地 二ツ森(秋田県)

    国内で初めて世界自然遺産に登録された白神山地。二ツ森頂上からは、広大な地域に青々と茂るブナの原生林が広がり、その規模は世界最大を誇る。

  • 寒風山寒風山

    男鹿半島のランドマークで、女性的な山容の寒風山。標高は355mとそれほど高くないが、山全体が美しい緑の芝生に覆われており、周囲の眺望は抜群。

  • 入道崎入道崎

    男鹿半島最北端にある入道崎。まるで平地を切り取ったかのような断崖は、男鹿半島を象徴する絶景。なかでも日本海に沈む夕日の美しさは圧巻。

  • 大潟富士大潟富士

    山の頂上が海抜0mになっており、日本一低い山としてアピールしている。高さが富士山の1000分の1の3.776mということからこの名前が付いた。のどかな田園風景が望める。

  • 豊川油田豊川油田

    明治時代、石油の産出地であった秋田県。中でも有名な採掘場だったのが、この豊川油田。石油が発掘されなくなった今も、櫓が当時のまま残され、当時の面影を残している。

  • 釣瓶落峠釣瓶落峠

    白神山地の東側を通り、広大なブナ林を擁する山々が続く。道路整備が進み、脚光を集めているスポット。長い間、人間の進入を許さなかった地域だけに、自然そのものの雄大な風景が見ものだ。

能代・男鹿・白神の「自然」観光スポットをもっと見る(全18件)

大館・鹿角・十和田大湯・八幡平の「自然」観光スポット(全13件)

  • 八幡平(秋田県)八幡平(秋田県)

    秋田県と岩手県境にまたがる八幡平は、原生林や高山植物が広がる高原状火山台地。約40もの火山が集まり、至る所で噴湯・噴泥が見られる。火山湖なども数多い。

  • 十和田湖(秋田県)十和田湖(秋田県)

    秋田県、青森県の二県にまたがる十和田湖。度重なる火山活動によってできたカルデラの断崖が湖面に切れ、落ちているさまは印象的だ。遊覧船が就航している。

  • 大沼大沼

    八幡平アスピーテラインの途中にあり、水芭蕉やワタスゲなどの群生が見られる。遊歩道やキャンプ場も整備されており、近くには八幡平ビジターセンターや大沼温泉がある。

  • 発荷峠発荷峠

    十和田湖南端の標高631mの峠。十和田湖三大展望地の中でも人気の高い発荷峠展望台がある。雄大な湖の広がり、カルデラの外輪山を正面に見ることができる。

  • 大場谷地大場谷地

    十和田八幡平国立公園内の湿原。初夏には可憐な高山植物が咲き誇る。国道341号沿いに建つ東屋から整備されている木道は急勾配がないので気軽に散策することができる。

  • 田代岳田代岳

    田代岳は、雷岳、烏帽子岳、茶臼岳の三山で形成される。9合目に広がる湿原「雲上アラスカ庭園」が最大の見どころで、6〜8月は高山植物が咲き誇る。

大館・鹿角・十和田大湯・八幡平の「自然」観光スポットをもっと見る(全13件)

角館・大曲・田沢湖の「自然」観光スポット(全6件)

  • 宝仙湖宝仙湖

    玉川ダム建設によってできた人工湖。上流から流れる「玉川毒水」といわれる強酸性の水が原因で魚の住めない環境であったが、中和処理施設により改善された。

  • 抱返り渓谷抱返り渓谷

    東北屈指の渓谷美を見せる景勝地。抱返り神社から夏瀬ダムまでの約7kmが特に美しく、回顧の滝までは断崖に沿って遊歩道が整備されている。紅葉美は県内一との評判。

  • 刺巻湿原刺巻湿原

    国道46号から少し南へ下った場所にある、ミズバショウの群生が見られる約3haの湿原。ザゼンソウも見られる。ベストシーズンは4月中旬〜下旬。早春の湿原一面に見事なミズバショウが咲く。

  • 秋田駒ヶ岳秋田駒ヶ岳

    標高1637mの県内屈指の高峰。8合目から上の山頂一帯の高山植物が見事で、コマクサやニッコウキスゲなど百種類以上もの花々が見られる。見ごろは6月中旬〜7月下旬。

  • 抱返り渓谷抱返り渓谷

    ブナやカエデの原生林の中を縫う渓流と岸の荒々しい岩肌、数々の滝が見事。遊歩道からも滝を眺めることができ、真っ暗な岩のトンネルを抜けると、絶景が現れる。

  • 田沢湖田沢湖

    水深423.4mで日本最深を誇る、周囲約20kmのほぼ円形の湖。青い絵の具を溶かしたような瑠璃色の湖水が特徴。水上スポーツのメッカでもある。

角館・大曲・田沢湖の「自然」観光スポットをもっと見る(全6件)

湯沢・横手の「自然」観光スポット(全10件)

  • 小安峡温泉 大噴湯小安峡温泉 大噴湯

    皆瀬川上流、約4kmに渡る深いV字谷の渓谷美を見せる栗駒山麓の景勝地。最大の見どころは断崖の裂け目から轟音とともに湯けむりがあがる大噴湯。新緑、紅葉の名所でもある。

  • 川原毛地獄川原毛地獄

    山全体が山肌を露出し、あちこちから硫黄や水蒸気を噴き出す日本の3大霊山のひとつ。草木が一本も生えていない荒涼とした風景が広がる。近くに天然の温泉滝がある。

  • 三途川渓谷三途川渓谷

    川原毛地獄の入口、約40mの高さの橋から眺める渓谷は断崖絶壁で背すじの凍る思いだ。三途川横にある十王堂の閻魔大王などの30体の仏像は、市の重要文化財に指定。

  • 岩屋堂岩屋堂

    美人の代名詞であり、深草少将の百夜通いなど、数々の伝説が語り継がれている小野小町が、晩年を過ごしたといわれている洞窟。近くの向野寺には、小町の木彫り自像が残されている。

  • 小町堂小町堂

    小野小町が生まれた地といわれる場所に建立されたお堂。艶やかな朱塗りの堂が6月に咲き乱れるシャクヤクの花に彩られる。小町まつりの舞台でもあり、周辺には小町ゆかりの遺跡が数多くある。

  • 増田歴史的まちなみ増田歴史的まちなみ

    古くから交通の要所として栄えてきた横手市増田町には、おもに明治期に建てられた内蔵が点在。屋内に造られる内蔵は、通りから見えないものも多いが毎日数件の見学が可能。

湯沢・横手の「自然」観光スポットをもっと見る(全10件)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C) 2019 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

キーワード
楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス