楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 栃木県の観光スポット > 那須・板室・黒磯の観光スポット > 那須・板室・黒磯の「温泉」観光スポット

那須・板室・黒磯の「温泉」観光スポット

エリア
栃木県 那須・板室・黒磯
ジャンル
温泉

那須・板室・黒磯の「温泉」観光スポット(全8件)

  • 那須湯本温泉那須湯本温泉

    100以上の源泉を持つ那須温泉の中心。鹿の湯を拠点に、周囲は旅館や民宿が林立している。硫化水素泉、酸性明ばん泉(63〜80度)は胃腸病、皮膚病などに効果がある。

  • 那須温泉郷那須温泉郷

    標高1900mの那須岳の山麓に、7つの温泉地が点在する温泉郷。開湯は1300年ほど前といわれる。個性的な温泉地が集い、各温泉とも湯量が豊富。温泉街には名所・旧跡も数多く残っている。

  • 八幡温泉八幡温泉

    ボルケーノハイウェイと、那須甲子道路への分岐点付近に位置。眺めのよさは那須五湯随一。那須野ヶ原を一望できる。腺病質などに効果がある単純泉(62度)。

  • 北温泉北温泉

    那須温泉郷の一つで、関東屈指の秘湯と言われている。古き良き湯治場の雰囲気が漂う一軒宿で、昔と変わらない豊富な湯量を誇り、変化に富んだ様々なお風呂が楽しめる。

  • 弁天温泉弁天温泉

    標高1200mの高さにある苦戸川沿いの温泉。湯温30〜50度の単純泉で、脳神経病、リウマチなどに効能がある。創設者の夢枕に立った弁財天のお告げによって発見されたという。

  • 新那須温泉新那須温泉

    那須温泉郷の玄関口に広がる温泉地。湯温40〜60度の単純泉で、運動器障害、リウマチ、婦人病、疲労などに効能がある。森に囲まれたロケーションだ。

  • 高雄温泉高雄温泉

    那須湯本の温泉街から林道を抜けたところにある温泉。湯温40度の硫化水素泉で、無色透明な湯が湧き出している。神経痛やリウマチなどに効能がある。

  • 大丸温泉大丸温泉

    茶臼岳の東側の中腹、標高1250mに位置し、那須温泉郷の中でも最も標高の高いところにある。元禄4(1691)年の発見と伝えられ、明治時代には乃木希典陸軍大将も毎年湯治に訪れたという。

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C) 2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.