楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 長野県の観光スポット > 諏訪湖周辺の観光スポット > 諏訪市美術館 > つぶやき・クチコミ

諏訪市美術館 つぶやき・クチコミ

エリア
長野県諏訪市
ジャンル
見る - 文化施設 - 美術館

郷土作家をはじめ幅広い作家の作品を収蔵し、テーマを設けた収蔵作品展で随時公開している。東郷青児の『女』など、人気作品も多数ある。昭和18(1943)年築の建物も見どころだ。

諏訪市美術館のつぶやき

「諏訪市美術館」でつぶやかれたTwitterのツイートを掲載しています。

諏訪市美術館のクチコミ

諏訪市美術館

諏訪湖のほとりにある、小さな美術館です。 信州初の美術館だけあって、とても趣のある歴史を感じさせる建物です。 東郷青児や郷土作家の作品が展示されています。

fufufu0804 さん (投稿日 06-12-04)

郷里で遺作展・・東原 徹

縄文モチーフ・・独特の世界 諏訪市出身の日本画家で、昨年3月に90歳で死去した東原徹さんの「遺作展」が、諏訪市の市美術館で始まりました。  縄文をモチーフに原色を多用した独特の絵画制作にとどまらず、東宝に勤め、コメディアン榎本健一の舞台美術を手掛けたり、母校の教授を務めたりと多彩に活躍。初期から晩年の作品36点やアトリエの雰囲気を再現する展示などを通して、足跡をたどっています。6月7日まで。 日本画は100号の大作が中心。 鳥や花 ・貝・縄文の遺物などを題材に古代に思いをはせ、八ヶ岳山麓から出土した土器もモデルにしている。 湖を泳ぐ魚や湖底の矢尻、背景の富士山などを寒色系でまとめた「歴程・・諏訪湖底」は、諏訪湖底にある「曽根遺跡」をイメージしている。 ガラスケースの中に鉛筆や画架などが並ぶ展示では、使いかけの絵の具を入れた皿や未完成作もあり、制作の様子をしのばせる。 戦後間もなく・GHQ「連合国連総司令部」の特殊美術顧問を務めたこともあり、 「劇場開演中に果たした君の仕事に対し褒賞する」とGHQからの英語の手紙もある。 更新 : 2009/05/16 18:39

greenwater さん (投稿日 09-05-16)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

キーワード
楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス
サイト基本情報

Copyright © 2002 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.