楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 鹿児島県の観光スポット > 鹿児島・桜島の観光スポット > かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館 > つぶやき・クチコミ

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館 つぶやき・クチコミ

エリア
鹿児島県鹿児島市
ジャンル
買う - 物産販売所 - 資料館・郷土館・展示館・文学館

向田邦子の居間の再現など、鹿児島ゆかりの作家を趣向を凝らした展示で紹介する文学館と、『不思議の国のアリス』のトリックアートなど体験型の展示で物語の世界が楽しめるメルヘン館がある。

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館のつぶやき

「かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館」でつぶやかれたTwitterのツイートを掲載しています。

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館のクチコミ

カゴシマシティビュー

鹿児島市の観光地を巡る周遊バスです。 決められたルートで運行しており、観光地を効率的にまわりたい方にはお勧めです! 一日乗車券は、路面電車や市営バスも共通で使えるので、観光する際には一日乗車券購入をお勧めします。 ■運賃 大人180円・小人90円 1日乗車券 600円(路面電車、市営バス共通) 夜景コース専用一日乗車券 大人200円・小人100円 ■ルート JR鹿児島中央駅⇒⇒天文館⇒⇒ドルフィンポート⇒⇒市役所前⇒⇒城山⇒⇒西郷洞窟前⇒⇒天文館⇒⇒鹿児島中央駅 ※※ 2008/07,09,2010/04 カミタク追加 ※※ 1.上述以外にもコースがあります(詳しくはリンク先URLご参照)。T-haruさんが載せて下さった左側2枚の写真は城山・磯コースと夜景コース、私が載せた右の写真はウォーターフロントコースの車両です。 2.地図のスポットは鹿児島中央駅の乗り場(2007年現在)です。 3.例えば以下のスポットに行け、施設によっては鹿児島市電・市バス共通の一日パスポートで割引入館できます。 ○ 鹿児島市維新ふるさと館 ○ 甲突川河畔(維新の志士達の故郷) ○ 東郷平八郎誕生地 ○ 大久保利通銅像 ○ 鹿児島カテドラル・ザビエル教会 ○ ザビエル滞麑記念碑 ○ ザビエル公園 ○ 示現流兵法所史料館 ○ 西郷隆盛像 ○ 照国神社 ○ 鹿児島県立博物館 ○ かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館 ○ 鹿児島市立美術館 ○ 鹿児島県歴史資料センター黎明館 ○ 鹿児島城跡 ○ 薩摩義士碑 ○ 西郷洞窟 ○ 城山長寿泉(鹿児島温泉の温泉銭湯) ○ 城山展望台 ○ 城山観光ホテル(実は城山が最寄り停留所) ○ 南洲神社・南洲墓地 ○ 西郷南洲顕彰館 ○ 天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡 ○ (多少歩きますが)福昌寺跡(島津家墓地) ○ 尚古集成館 ○ 仙巌園(磯庭園) ○ 磯工芸館 ○ 薩摩ガラス工芸 ○ 磯くわはら館 ○ 異人館 ○ 石橋記念公園 ○ (多少歩きますが)caf'e潮音館 ○ (多少歩きますが)多賀山公園 ○ いおワールド かごしま水族館 ○ 桜島フェリー ○ (桜島フェリーで渡航)国民宿舎レインボー桜島・マグマ温泉 ○ 鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」 ○ ドルフィンポート・足湯 ○ みなと大通り公園 ○ 天文館(山形屋百貨店がある、鹿児島の中心街)

カミタク さん (投稿日 10-04-12)

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館

かごしま近代文学館とかごしまメルヘン館とは、併設されていて2館で一体化した施設です。鶴丸城(鹿児島城跡)の二の丸跡にあります。 かごしま近代文学館の方は、鹿児島にゆかりのある作家達を紹介する博物館です。1Fにある展示室Iでは、海音寺潮五郎, 林芙美子, 椋鳩十, 梅崎春生, 島尾敏雄, 向田邦子という、鹿児島にゆかりのある6人の作家を紹介しています。2Fの展示室IIでは、鹿児島ゆかりの文学者22人を紹介しています(2006年9月現在)。 かごしまメルヘン館の方は、パンフレットから引用すれば「メルヘン館は、童話の主人公たちや世界各地の人形などが、夢あふれるファンタジックな世界をつくりだしています。」という博物館です。  鹿児島城跡にある以下の最寄りの博物館・美術館と併せて、「かごしま文化ゾーン」を構成しています。 鹿児島県歴史資料センター黎明館 鹿児島市立美術館 鹿児島県立博物館  また、西郷隆盛像,照国神社,示現流兵法所史料館,天文館も最寄りにあります。  交通は、観光地周遊バス「カゴシマシティビュー」の「西郷銅像前」バス停で降りれば鹿児島市立美術館の裏(側の方)にある他、鹿児島市電では「朝日通」電停下車7分程度です。

カミタク さん (投稿日 10-04-03)

鹿児島城跡

 鹿児島城跡は、、江戸時代の1602年(慶長7年)に島津家久によって移築・築城されて以来、薩摩藩・島津氏の居城だった平城です。鹿児島城には鶴丸城とも呼ばれています。残念ながら明治維新後の1874年(明治4)に鹿児島城(鶴丸城)は焼失してしまいました。「人をもって城と成す」の精神に基づいて作られたため、焼失前から天守閣はありませんでした。なお、島津氏の鹿児島市内の居城は、東福寺城(現・多賀山公園),清水城,内城と移転して鶴丸城に落ち着きました。  一時期は、旧制第七高校造士館(現・鹿児島大学)の敷地となり、太平洋戦争の戦前に市内磯地区に移転されたために空襲の戦災を免れた建築遺産・異人館が建っていた時期もあります。戦後、その鹿児島大も移転しました。本丸跡には旧制第七高校造士館の碑もあります。なお、異人館は、尚古集成館と共に、島津斉彬の集成館事業の産業遺産です。  現在では ◎ 本丸跡 ○ 鹿児島県歴史資料センター黎明館 ◎ 二の丸跡 ○ 鹿児島市立美術館 ○ かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館 ○ 鹿児島県立博物館 ◎ 二の丸庭園跡 ○ 探勝園跡 などの敷地になっており、薩摩義士碑も隣接していますので、併せてお楽しみいただくのがお薦めです。石垣等の城郭遺構が残っているのは本丸跡です。鹿児島県歴史資料センター黎明館がある本丸跡は、春には桜が綺麗です。  カゴシマシティビューでは、薩摩義士碑前が最寄り停留所で、西郷銅像をご覧になりたい方は、西郷銅像前停留所からも散策可能です。また、天文館から近いので、路面電車(鹿児島市電)など様々な公共交通機関で行くことができます。  鶴丸城は、NHK大河ドラマの主人公・天璋院篤姫が一時期住んだ城でもあります。  以下のような他の歴史博物館等を併せて訪れると、天璋院篤姫の故郷・鹿児島の幕末維新史をお楽しみいただけます。 ○ 鹿児島県歴史資料センター黎明館(鹿児島城跡にあります) ○ 尚古集成館(島津斉彬による集成館事業の産業遺産) ○ 仙巌園(磯庭園)(島津氏別邸の日本庭園。集成館事業の反射炉や復元大砲模型があります) ○ 鹿児島市維新ふるさと館(甲突川河畔にあります) ○ 西郷南洲顕彰館 ○ 照国神社・照国文庫資料館 ○ 示現流兵法所史料館 ○ 天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡  以下の電話番号は、鹿児島市観光課です。さらに詳しい情報は、以下のリンク先URLのページに載っています。

カミタク さん (投稿日 10-04-03)

陽山美術館

陽山美術館は、鹿児島市出身の洋画家 ・ 海老原喜之助と、北九州を中心に活躍した平野遼の作品を中心に所蔵したコレクションを展示している私立美術館です。 陽山美術館パンフレットには、主な収蔵画家として海老原喜之助と平野遼の他、大嵩禮造,和田英作,藤田嗣治,前畑省三,大津英敏,福井良之助,香月泰男,ジョルジュ・ルオーの名前が挙げられています。隠れ家的な素敵な美術館です。 陽山美術館は、鹿児島市の中心部・天文館の山形屋百貨店のすぐ近くにあります。この近くには鹿児島城跡の鹿児島県歴史資料センター黎明館,鹿児島市立美術館,かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館のすぐ近くにあり、鹿児島市では「文化ゾーン」と呼ばれているエリアになります。 鹿児島市電・朝日通電停もしくは市役所前電停から徒歩2分ほどです。 ○ 鹿児島市の美術館には以下の美術館があります。 鹿児島県歴史資料センター黎明館(美術だけの博物館ではありませんが、美術工芸品もあります。鹿児島城跡にあります。) 鹿児島市立美術館 長島美術館 陽山美術館 児玉美術館 三宅美術館

カミタク さん (投稿日 09-11-26)

鶴丸城について

 鶴丸城の城壁には無数の弾痕の跡があります。これは西南戦争でできたものだと小さい頃に親から教えられました。西南戦争の激しさを物語るものでぜひご覧になってほしいものです。

半次郎1976 さん (投稿日 08-09-06)

一日乗車券で・・・・

はじめまして バス・市電も乗れてお得ですね。 前に行ったときは、豪雨でほとんど外に出られなかったので こんど行ったときは、桜島・西郷さんのお墓なども ゆっくり回ってみたいです。

ハレンチ☆パンチ さん (投稿日 08-09-04)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

サイト基本情報

Copyright © 2002 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.