楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 秋田県の観光スポット > 湯沢・横手の観光スポット > 後三年の役金沢資料館 > つぶやき・クチコミ

後三年の役金沢資料館 つぶやき・クチコミ

エリア
秋田県横手市
ジャンル
買う - 物産販売所 - 資料館・郷土館・展示館・文学館

奥州藤原氏が登場するきっかけとなったのが「後三年の役」。平安時代後期に横手盆地で繰り広げられた合戦の様子をうかがい知ることのできる資料館。

後三年の役金沢資料館のつぶやき

「後三年の役金沢資料館」でつぶやかれたTwitterのツイートを掲載しています。

後三年の役金沢資料館のクチコミ

横手城趾

【横手城趾】秋田県横手市城山町 2006/06/16登城(No55) 2009/06/27再登城  仙北3郡を領有していた小野寺氏が始まり。戦国時代は山形の最上氏と闘争を繰り返した。上杉景勝討伐では最上氏への反感で山形に参集せず、関ヶ原後に石田方と見なされ改易された。  慶長7年(1602)水戸から秋田に移封された佐竹義宜は久保田城(秋田市)を本拠とし横手を支城にした。一国一城令でも破棄されず、秋田藩が城代をおき幕末まで存続した。しかし秋田藩は薩長に味方し、奥羽越列藩同盟軍が慶応4年8月横手城を攻撃、防戦むなしく落城した。  横手城は盆地の中にある朝倉山にあり(そのことから朝倉城とも呼ばれる)、背後は山々で、前の横手川を外濠とした堅固な山城である。石垣はなく、敵が滑りやすいように韮を植えていたことから「韮城」とも呼ばれていた。  現在、本丸には秋田神社があり、二の丸に模擬天守(横手城展望台)がコンクリで建っている。天守は築城当時からなかったようだ。展望台からの横手川、盆地の眺めはよい。また、二の丸、本丸下には土塁が残っており池もある。天気がいい日は散策お勧め。  そのほか羽黒町には武家屋敷跡があり、ふれあいセンターかまくら館では常時「かまくら」の体験ができる。後三年の役金沢資料館・古戦場跡、石坂洋次郎文学記念館もある。 <交通>JR横手駅から歩30分。タクシーお勧め。駐車場あり。 <写真左>二の丸に建つ模擬天守 <写真中>本丸下の土塁 <写真右>現在本丸に建つ碑

kenken0418 さん (投稿日 09-06-28)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

サイト基本情報

Copyright © 2002 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.