楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 鳥取県の観光スポット > 米子・皆生温泉・大山の観光スポット > 水木しげるロード > つぶやき・クチコミ

水木しげるロード つぶやき・クチコミ

エリア
鳥取県境港市
ジャンル
見る - 自然地形 - 通り

境港市出身で、妖怪漫画の第一人者として活躍する水木しげる氏にちなんだ通り。JR境港駅から東へ続く道は、ゲゲゲの鬼太郎など妖怪たちのブロンズ像153体が設置されている。

水木しげるロードのつぶやき

「水木しげるロード」でつぶやかれたTwitterのツイートを掲載しています。

水木しげるロードのクチコミ

皆生温泉

 皆生温泉は鳥取県西部の商都米子市に位置し、日本海(美保湾)に面した白砂青松の浜辺の温泉郷で、観光旅館、ホテル、公共の宿など40軒、5千人の収容規模を誇る山陰では最大の温泉地。  夏場は、皆生温泉海水浴場が開設され、中国地方最高峰の明峰大山(別名:伯耆富士)を目指してクルマで30分程行けば、大山まきば・みるくの里(県営放牧場、レストラン併設)、大山乗馬センター、大山フィールドアスレチック、大山国際スキー場などのリゾート施設がたくさんあり、1年を通じて大自然を満喫できる。日本一の花のテーマパークとっとり花回廊(伯耆町)、ゲゲゲの鬼太郎の生みの親水木しげるさんの故郷境港(水木しげる記念館、水木しげるロード、JR境線鬼太郎列車シリーズ)、山陰の小京都松江、松江城、松江堀川遊覧船、宍道湖へも程近い。山陰観光の拠点としてぜひオススメ! 【大山を周遊する観光バス「大山るーぷバス」】  毎年、4月上旬〜11月上旬の土日祝日、夏休み期間中、紅葉シーズン中は毎日運行。乗車料金は1日乗り放題券が1,000円、循環区間1日乗り放題券が500円、循環区間の乗り降り1回につき200円。 詳細は大山王国(大山るーぷバス)参照⇒http://web.sanin.jp/p/daisenking/1/18/2/ 【山陰観光に便利な「鬼太郎バス」】  皆生温泉開湯110周年特別企画「皆生温泉⇒境港周遊 鬼太郎バス」運行中! 料金は、大人1,000円、子供500円、幼児無料。毎週日・月曜日の朝9時、皆生温泉出発!皆生温泉から鬼太郎の街「境港」、大根島「日本庭園由志園」まで周遊バスを運行。 詳細は米子市観光協会(鬼太郎バス)参照⇒http://yonago.sanin.jp/p/monthly/23/ 【お問い合わせ】 最新の情報は下記でゲット! ◎米子市観光協会(0859-22-6317)         ⇒http://yonago.sanin.jp/ ◎米子空港総合案内所(0859-45-6123)           ⇒http://www.yonago-air.com/ ◎皆生温泉旅館組合(0859-34-2888)          ⇒http://www.kaike-onsen.com/

とっと父さん さん (投稿日 10-06-07)

妖怪神社

初めて水木しげるロードに来た時には、妖怪神社そのものが無かった。妖怪神社自体は何年か前にもお参りたが、今回行ったら鳥居前に目玉おやじの清め水が出来ていた。次に行ったらまた何か増えているんだろうか?

島の民 さん (投稿日 08-04-05)

千代むすび酒造

以前から知ってはいたんですが、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターボトルとか色々作っているので、手を出すのは控えてました(パッケージで売ろうとする酒屋は信用しない主義)。行ってみて納得、水木しげるロードの目の前だ。これは無理もない。  店内に入るとキャラクターボトルの酒は勿論、土産物が色々置いてあったが、太陽光の当たらない南側の壁には大きな冷蔵庫があって各銘柄試飲用のボトルが用意されていたので一安心。お店の人にまず「鬼太郎のボトルが良いですか?」とまず訊かれましたが、「いーえ!全く!!」と即座に否定しました。全体として辛口のお酒が多いです。自分の好みを言ってお店の人に幾つか候補を挙げて貰い、試飲しながら今回は山田錦の純米吟醸無濾過生原酒と完熟純米2つを買いました

島の民 さん (投稿日 08-04-05)

水木しげるロード

以前フェリーの待ち時間にざっと見たんですが、更に増えたらしいと聞いて再訪しました。  増えてましたね。120体になってました。以前持ち去られて悲しい姿になっていたところも復原されていたし、これで完成型なんでしょうか。何かまだまだ増えそうな気もするけど……。駅前ロータリーから一直線の本町アーケードまでが、水木しげるロードではありますが、妖怪ブロンズ像は妖怪広場から海側に入っていった通称「からんころん通り」にも並んでいるので、全部見たいという方はお忘れ無く。  スタンプラリーもハードルは高くないです。20個以上集めるとオリジナルシール,全部集めると完走証がもらえます。しかし、隠岐航路とタイアップの方は賞品も豪華だがとたんにハードルが高くなる。全部集めた人どんくらいいるんだろう。

島の民 さん (投稿日 08-04-03)

「ゲゲゲの鬼太郎」の発祥地

水木しげるの生地で、彼により「ゲゲゲの鬼太郎」が産み出される。境港駅付近には「水木しげるロード」が広がり、土日には鬼太郎やねずみ男のマスコットが出現するよ。一緒に写真をとるのもいい!マップもダウンロードできるよ。境港には海産物が味わえる店が広がっているので、そこも注目ですよ。「みなとさかい交流館」といいます。

島の民 さん (投稿日 08-02-19)

妖怪

水木しげるロード?妖怪達のオブジェがあちこちに立ち並んでいるので、好きな妖怪を探してね! 写真をUP

macha38 さん (投稿日 08-01-29)

水木しげるロード&記念館

歩くだけでも楽しい!! 歩いているとねずみおとこが普通に自転車で通り過ぎる… そして次長課長の河本が真似する水木しげるの漫画に出てくるよっぱらいのおじさんもいました♪ 記念館も妖怪好きにはたまらない☆ お土産屋さんもいい感じでした。

Gan-Chan さん (投稿日 07-09-09)

神戸ベーカリー

境港駅から歩いて10分くらい、水木しげるロードにあるパン屋さんです。 名物はもちろん鬼太郎パン!! 1個180円で、鬼太郎・ねずみ男・ぬり壁・砂かけ婆・一反木綿など計7種類あるようです。(一反木綿は100円) お勧めは芋あんが入った、ねずみ男ぱん。 妖怪イラスト入りの箱に入った5種類セット1,000円はお土産にぴったりですよ!

メ・ターボ さん (投稿日 06-12-08)

映画「ゲゲゲの鬼太郎」第2弾〜この夏公開!

昨年大ヒットした実写版「ゲゲゲの鬼太郎」第2弾がいよいよこの夏、7月12日(土)に公開されます。タイトルは「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」。 人間になりたかった妖怪の千年の物語で、人と妖怪の許されざる恋を描く感動的なストーリです。 鬼太郎ファミリーのキャストは前作のままで、ウエンツ鬼太郎がパワーアップしてスクリーンに戻ります。 このほか、妖怪役は前作から一新。 超ベテラン俳優、緒形拳などが妖怪役を演じます。 全世代を巻き込む鬼太郎ブームの中、待望の実写版第2弾の新たな鬼太郎物語を、この夏、ぜひご覧ください。 ■お問い合わせ先 鳥取県文化観光局観光課  TEL:0857-26-7237 『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』公式サイト http://www.gegege.jp/

AQUA0306 さん (投稿日 08-03-27)

とりあえず。

全部写真に収めてみては?! もしくは、オーナーになってみたら? また見に行きたいです。

welina626 さん (投稿日 08-03-26)

妖怪おみくじ

妖怪神社 の近くに おみくじがあります、やるたびに おみくじの種類によって顔が鬼太郎や他のキャラクターに変わります。 面白いのでぜひやってみましょう♪ 大吉なら妖怪検定合格間違いなし!! 

ゆっきー7667 さん (投稿日 08-02-23)

水木しげるロード

境港駅から商店街へと続く道沿い約800mに120体以上の妖怪が出迎えてくれます。 その分、人間界での交通整理も大変みたいです。

macha38 さん (投稿日 08-01-29)

塩湯

皆生温泉は海水浴と温泉が同時に楽しめる日本でも数少ない温泉です。 旅館によっては水着のまま浜辺に出て海水浴も出来ます。海水浴がオフシーズンになる冬は大山でのスキー客にも人気があり、年中楽しめる温泉リゾート地といった感じです。 温泉は海水が混じった塩湯のため、美容にいいらしいですよ。

えいちゃん1973 さん (投稿日 07-12-17)

お目当ての像

ネズミ男や鬼太郎等人気のある像の前は人がいっぱい。 記念撮影をするなら空いている時すかさずいくべし。 気が弱い私はなかなか順番が・・・。

syu8374 さん (投稿日 07-05-12)

水木しげるロード

妖怪神社では、妖怪からくりおみくじをして、からくり妖怪におみくじをもらおう。そして妖怪ポストで手紙を出そう。鬼太郎の消印で手紙が届くよ。

しいみん さん (投稿日 07-05-11)

妖怪神社

水木しげるロードには妖怪神社があります ここで願い事をしたら、妖怪検定に受かりました♪ そう僕は妖怪博士になりましたとさ(^^)

ゆっきー7667 さん (投稿日 07-04-21)

猫がいる店

昭和の時代を感じさせる店の作りで、縁台が出ているのですが、そこに作り物のように本物の猫がお客さんをお出迎えしてくれます。 猫好きにはたまらないかも・・・

鶴熊猿 さん (投稿日 06-11-23)

米子の意外なスポット

まちの歴史をたどり、まちの心を訪ねて、、、 江戸時代から明治にかけての佇まいが今も残る米子の下町。白壁土蔵、川辺の桜並木、お地蔵さん、重要文化財の内町後藤家、九つの寺が並ぶ寺町通り、いくつもの細い路地。 気取らない町屋の暮らし、ガイドや町の人とのふれ合い。 どこかなつかしい町並みと人と人とのふれ合いに癒されるこれが米子の下町です。 旧加茂川を船の上から観光できます。

かねやん0701 さん (投稿日 06-09-14)

雄大

弓ヶ浜半島から日本海そして大山と見えて、良い場所ですね。 山陽側にはない雄大な風景が好きです。

雪枕 さん (投稿日 06-07-23)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

サイト基本情報

Copyright © 2002 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.