楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

たびノートTOP > 鳥取県の観光スポット > 米子・皆生温泉・大山の観光スポット > とっとり花回廊 > つぶやき・クチコミ

とっとり花回廊 つぶやき・クチコミ

エリア
鳥取県西伯郡南部町
ジャンル
買う - 物産販売所 - 植物園

大山をバックに広大な庭園が広がるフラワーパーク。核となるフラワードームは円形のガラスドームで洋ランなどが一年中楽しめる。趣向を凝らした多彩な花壇や庭園がある。

とっとり花回廊のつぶやき

「とっとり花回廊」でつぶやかれたTwitterのツイートを掲載しています。

とっとり花回廊のクチコミ

皆生温泉

 皆生温泉は鳥取県西部の商都米子市に位置し、日本海(美保湾)に面した白砂青松の浜辺の温泉郷で、観光旅館、ホテル、公共の宿など40軒、5千人の収容規模を誇る山陰では最大の温泉地。  夏場は、皆生温泉海水浴場が開設され、中国地方最高峰の明峰大山(別名:伯耆富士)を目指してクルマで30分程行けば、大山まきば・みるくの里(県営放牧場、レストラン併設)、大山乗馬センター、大山フィールドアスレチック、大山国際スキー場などのリゾート施設がたくさんあり、1年を通じて大自然を満喫できる。日本一の花のテーマパークとっとり花回廊(伯耆町)、ゲゲゲの鬼太郎の生みの親水木しげるさんの故郷境港(水木しげる記念館、水木しげるロード、JR境線鬼太郎列車シリーズ)、山陰の小京都松江、松江城、松江堀川遊覧船、宍道湖へも程近い。山陰観光の拠点としてぜひオススメ! 【大山を周遊する観光バス「大山るーぷバス」】  毎年、4月上旬〜11月上旬の土日祝日、夏休み期間中、紅葉シーズン中は毎日運行。乗車料金は1日乗り放題券が1,000円、循環区間1日乗り放題券が500円、循環区間の乗り降り1回につき200円。 詳細は大山王国(大山るーぷバス)参照⇒http://web.sanin.jp/p/daisenking/1/18/2/ 【山陰観光に便利な「鬼太郎バス」】  皆生温泉開湯110周年特別企画「皆生温泉⇒境港周遊 鬼太郎バス」運行中! 料金は、大人1,000円、子供500円、幼児無料。毎週日・月曜日の朝9時、皆生温泉出発!皆生温泉から鬼太郎の街「境港」、大根島「日本庭園由志園」まで周遊バスを運行。 詳細は米子市観光協会(鬼太郎バス)参照⇒http://yonago.sanin.jp/p/monthly/23/ 【お問い合わせ】 最新の情報は下記でゲット! ◎米子市観光協会(0859-22-6317)         ⇒http://yonago.sanin.jp/ ◎米子空港総合案内所(0859-45-6123)           ⇒http://www.yonago-air.com/ ◎皆生温泉旅館組合(0859-34-2888)          ⇒http://www.kaike-onsen.com/

とっと父さん さん (投稿日 10-06-07)

とっとり花回廊

 子供連れから熟年ご夫婦まであらゆる年齢層にお奨め、四季を通じて家族みんなで楽しめるスポットです。  春・夏・秋・冬それぞれに味わいがあります。夏・冬の夜間開園など年間を通じてイベントがあり、会場から雄大な大山を望むことができます。  日本最大級、シンボルのフラワードームでは、ダイオウヤシ、オオギバショウといった熱帯・亜熱帯の植物が生い茂るなか、1000株以上の洋ラン、珍しい観葉植物が室内を華やかに彩っています。  メインフラワーは「ゆり」。  月の光をイメージした夜間庭園「ムーンライトフラワーガーデン」(夏、冬開催)はデートに最適。

とっと父さん さん (投稿日 09-03-21)

【鳥取県南部町】 とっとり花回廊

日本最大級のフラワーパーク。 大山を背景に広がる花の公園内には、フラワードーム・園内を一周する展望回廊・水上花壇に、ヨーロピアンガーデンなど、各所で色とりどりの季節の花が美しく咲き誇っています。 パーク内は広くお子様連れの場合はフラワートレインに乗るのもオススメ☆

tsuyu3 さん (投稿日 08-05-22)

ほんとにきれい

米子に遊びに行く途中でとっとり花回廊に立ち寄りました。花もきれいで押し花体験に妻も大喜びでした。

ゆうゆう4171 さん (投稿日 08-01-19)

塩湯

皆生温泉は海水浴と温泉が同時に楽しめる日本でも数少ない温泉です。 旅館によっては水着のまま浜辺に出て海水浴も出来ます。海水浴がオフシーズンになる冬は大山でのスキー客にも人気があり、年中楽しめる温泉リゾート地といった感じです。 温泉は海水が混じった塩湯のため、美容にいいらしいですよ。

えいちゃん1973 さん (投稿日 07-12-17)

米子の意外なスポット

まちの歴史をたどり、まちの心を訪ねて、、、 江戸時代から明治にかけての佇まいが今も残る米子の下町。白壁土蔵、川辺の桜並木、お地蔵さん、重要文化財の内町後藤家、九つの寺が並ぶ寺町通り、いくつもの細い路地。 気取らない町屋の暮らし、ガイドや町の人とのふれ合い。 どこかなつかしい町並みと人と人とのふれ合いに癒されるこれが米子の下町です。 旧加茂川を船の上から観光できます。

かねやん0701 さん (投稿日 06-09-14)

雄大

弓ヶ浜半島から日本海そして大山と見えて、良い場所ですね。 山陽側にはない雄大な風景が好きです。

雪枕 さん (投稿日 06-07-23)

日本一の花のテーマパークです。

 子供連れから熟年ご夫婦まであらゆる年齢層にお奨め、四季を通じて家族みんなで楽しめるスポットです。  春・夏・秋・冬それぞれに味わいがあります。夏と冬の夜間開放など年間を通じてイベントがあり、会場からは雄大な大山(別名:伯耆富士)を望むことができます。  初めての方はまず「フラワートレイン」に乗車して園内一周してお気に入りポイントをご確認ください。 遊びは大山王国(http://www.daisenking.net/)各地を視野に入れて計画を立ててくださいね。 花回廊ホームページ⇒http://www.tottorihanakairou.or.jp/〒683-0217鳥取県西伯郡南部町鶴田110 TEL:0859-48-3030(代表) FAX:0859-48-3040

とっと父さん さん (投稿日 06-07-12)

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

サイト基本情報

Copyright © 2002 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.